2010年04月28日

英フィナンシャル・タイムズ紙ヘッドライン(28日付)は、これからもアリ?

今夜の飲み会のネタにどうですか。
どうも最近は、こんな話題がぼちぼちです。
海外に関連して、英フィナンシャル・タイムズ紙ヘッドライン(28日付)は、これからもアリ?について調べてみました。

*英フィナンシャル・タイムズ紙ヘッドライン(28日付)
4月28日10時18分配信 ロイター

[1面]

★国際通貨基金(IMF)がギリシャ支援策の拠出金について100億ユーロ(132億ドル)の引き上げを検討。既に計画されている支援額では、財政悪化懸念を背景とした金融市場の警戒感を拭いきれないとの判断も。[ロンドン、ワシントン、アテネ]

★米ゴールドマン・サックス<GS.N>幹部が上院常設調査小委員会で証言。同社のモーゲージ証券取引などのビジネスモデルが金融危機を引き起こすきっかけになったと委員会からは厳しい指摘が相次ぐ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000442-reu-int

*今日のお題はどうだったでしょうか?
今後とも、よろしくです。
明日の天気はどうかな・・・


派遣切りや新卒採用の悪化など、今の社会状況は悪化の一途で、このままでは生活できないという世帯が増え、生活保護の申請が増えているようです。
貸し金業者の環境も10年前とは、雲泥の差があり、業界も様々に生き残りをかけて変化してきています。
様々な問題点がある中、今後も業界の変化が見込まれます。
オンライン
分割払い
キャッシュカード
オンライン
高還元率
佐賀県 クレジット カード 現金化
山形県 ショッピング枠現金化
津田沼 クレジットカード現金化
亀戸 ショッピング枠現金化
など、参考にすると良いでしょう。
posted by あくい at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。